お問い合わせ

理事長挨拶

地域への感謝を胸に、40年のその先へ

1979年、「福祉は人 人は心」「心と心」を掲げ、福祉が輝く社会を夢見て、ひとつの特別養護老人ホームからスタートし、健祥会グループは、今年、創立40周年を迎えます。現場のニーズに応えるために規制と闘い、制度の壁の一つひとつを実践で乗り越えながら、時代に先駆ける新しいサービスや価値の創造に取り組んできた40年。高齢者福祉から障がい者福祉、医療、幼児教育、人財育成まで、幅広く事業展開を図るとともに、そのフィールドを、徳島から、香川、高知へ、大阪、京都、東京へと広げ、現在、全国に66施設を運営。地域に根ざしながら、事業だけでなく、健康づくりやスポーツ・文化振興など、様々な地域活動を精力的に実践しています。
40年の歩みをお支えくださったのは、それぞれの地域の皆様方であり、施設は地域のお支えで成り立っています。これを職員が常に胸に刻み、高品質なサービスをお届けするだけでなく、災害時にも地域の安心の核となれるよう、地域との連携を強固にし、平時においては、文化の発信や専門分野での情報発信、啓蒙活動に努めています。

時代にふさわしい事業体へ

今、社会は、少子超高齢化・人口減少・グローバル化に向き合い、その社会構造も制度もテクノロジーも大きな変革期にあります。全世代型社会保障を掲げて昨年、消費増税が実行され、幼児教育・保育の無償化もはじまりました。高齢化のピークに向かって社会保障制度を持続可能な制度とするために、診療報酬や介護報酬は改定ごとに厳しさを増すと思われます。2021年の介護報酬改定に向けて、低所得者の負担増も議論されており、給付の抑制圧力も高まっていくことでしょう。
厳しい時代にあって、事業者にとってはサービスの効率化と高品質化が課題です。生産性のアップをめざして、本部機能のIT化・システム化をすすめるとともに、介護現場でもICTやロボットの導入により、介護職の負担軽減を図っています。本年はこれをさらに加速させ、いっそうダイナミックな改革に取り組んでまいります。

人財のグローバル化をさらにすすめて

生産年齢人口の激減による人手不足を補うために、外国人労働者の受け入れ拡大が図られており、介護分野では4つの在留資格での就労が可能となりました。健祥会グループでは、創始者中村博彦の強い意思で実現したEPAによる介護看護人材交流において、制度スタートの2008年からアジアの人財を積極的に受け入れており、現在、インドネシア、フィリピン、ベトナムの人財が226名在籍。介護福祉士国家試験合格者も多数輩出し、頼もしい戦力となっています。EPA 人財だけでなく、ベトナムからの技能実習生を迎えるとともに、フィリピンの人財が介護分野で初の特定技能を取得。12年前から培ってきた教育と共生のノウハウに加え、東南アジア各国とのつながりも育ってきました。

良い人財に選ばれる職場であるために

私たちの仕事は人の質がすべてです。良い人財に選ばれる職場であるために、数年来、ダイバーシティ・ワークライフバランスの実現や健康経営への取り組みを進めており、様々な評価を得ています。昨年は新たに、厚生労働大臣の子育てサポート企業「くるみん認定」、経済産業省の「健康経営優良法人ホワイト500」、「日本創生のための将来世代応援知事同盟」による「将来世代応援企業賞」、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の「理事長努力賞」などをいただきました。グループ内外での研修も充実させ、キャリアパスによる未来の見える人財育成を図っております。
創立時から、女性の活躍が顕著だった健祥会グループ。40年の歴史の中でさらに培われてきたダイバーシティはいわば、私たちのDNAです。人種、国籍、性別、年齢、障がいの有無、働き方など、職員一人ひとりの個性を尊重し、誰もが活躍できる環境づくりをさらに推進してまいります。

新しい発想で攻めの戦略を描く

医療・福祉業界はまさに激動の中にあります。人財確保や生産性の向上、制度や新しいテクノロジーへの対応など、課題は山積しており、社会保障分野といえどもしっかりと戦略を以って経営に臨まねばなりません。
利用者様のために、職員のために、そして地方経済、ひいては日本経済のために、福祉のグローバル化のさきがけをめざして、今後も新しい発想で攻めの戦略を描いてまいる決意です。

三つの行動指針を自らに問うて

時代のパイオニアをめざし、新しい発想で、新しいものを生み出していくために何より大切にしたいのはグループが拠って立つところの原点です。
「福祉は人 人は心」と定めた会是、「心と心」と謳った理念、そして2014年から掲げる「サービスの質の追求」「職場での共創」「地域社会への貢献」という三つの行動指針。これらを実践できているのか、役職員一人ひとりが常に自らに問いかけながら、その上で、新たな挑戦、さらなる進化を果たしてまいりたいと考えます。
時代とともに、地域とともに・・・先人たちが「汗と涙」で築いた40年の歴史と、いつの日もお支えくださる皆様方に感謝を捧げつつ、本年も、健祥会グループになお一層のご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2020/01/01

メディア掲載記事

メディア掲載記事(中村理事長関連)

アーカイブス

 
2019/01/06
新春トップインタビュー│徳島新聞
2019/01/01
理事長挨拶
2018/01/07
新春トップインタビュー│徳島新聞
2018/01/01
理事長挨拶
2017/01/08
新春トップインタビュー│徳島新聞
2017/01/01
理事長挨拶
2016/11/01
徳島商工会議所第25代会頭就任のご報告
2016/01/07
新春トップインタビュー│徳島新聞
2016/01/01
理事長挨拶
2015/01/08
新春トップインタビュー│徳島新聞
2015/01/01
理事長挨拶