お問い合わせ

お天気も味方して大盛況! 第31回健祥会まつり 第13回健康介護フェスティバル 第16回徳島健祥会福祉専門学校 学校祭

ベッキー♪♯さん

「世界に向けよう 情熱の炎を!!」と掲げて、10月22日(土)、23日(日)、第31回健祥会まつり・第13回健康介護フェスティバル・第16回徳島健祥会福祉専門学校学校祭が開催されました。


1
1
4
5
7
8
9

「世界に向けよう 情熱の炎を!!」と掲げて、10月22日(土)、23日(日)、第31回健祥会まつり・第13回健康介護フェスティバル・第16回徳島健祥会福祉専門学校学校祭が開催されました。

一生懸命準備してきた職員、学生たちの熱意が届いたのか、夜明けまでの雨もあがり、時折晴れ間ものぞく中、たくさん地域の皆様にお越しいただき、にぎやかな二日間となりました。

お馴染みの模擬店は今年も大盛況。「アジアは一つ」をかかげる健祥会らしく、インドネシア料理、タイ料理、フィリピン料理、ベトナム料理に、徳島のたらいうどんなど、アジア各国の味が勢揃いし、どの屋台にも行列ができるほどの人気でした。


専門学校では、本館2階を科学的介護・リハビリテーションフロアとして、口腔ケア、転倒予防、認知症予防などのチェックコーナーや、理学療法士によるマッサージの実践が行われ、日頃の学習の成果をしっかりアピール。また、アジアとの連携の全容がわかりやすく展示されたブースや、4つの学科体験、ボーリングやペタンクなどのゲームまで、ご高齢の方から子どもさんまで楽しんでいただけたようです。

健祥会プレゼンテーション徳島では、東日本大震災の被災地に健祥会ボランティアとして赴いた職員の記録展や池原昭治氏の童謡展、童謡ミニコンサート、学生会館では入所者様利用者様の作品展も催されました。


22日の文化講演会では、「大家族ささえ愛、見守り愛、励まし愛」と題して、西川ヘレンさんが実母、舅、姑への介護体験を交えながら、自身の大家族の日常を紹介。家族が心を掛け合い、心をふれあわせ、感謝しながらわかりあえることの大切さを、おもしろおかしく語ってくださいました。


歌手でタレントのベッキーさんを迎えた23日のスーパーライブ。はるばる和歌山から午前3時にいらっしゃった方を先頭に、整理券を求める列が延々続き、健祥会パートナーは立ち見もいっぱいの超満員。3200人の観客が、元気でチャーミングなベッキーさんのステージを楽しみました。

遠くからお越しくださった皆様、たくさんの地域の皆様、ありがとうございました。

[記事公開日]2011/10/24(月)

過去の記事へ