お問い合わせ

「施設はみんなでつくるみんなの財産」
関西4施設職員研修会理事長講話

健祥会エンリケ落成式終了後、健祥会エンリケ職員に辞令が交付され、続いて、大阪京都の関西4施設(特別養護老人ホーム樫田の里、特別養護老人ホーム緑風会イサベル、老人保健施設マリアンヌ、特別養護老人ホーム健祥会エンリケ)の職員に向けて研修会が開かれました。


中村博彦健祥会グループ理事長講和

落成式でもTPPの話をしたが、JAが反対しようが医師会が反対しようが、中村は5年先を考えて間違いないと思えば、どんな困難にも立ち向かう。自民党でも少数派だが、今は賛成が30人でも、半年後には100人になるだろう。
大多数の人たちと同じ基準で判断せず、違う視点を持て。エンリケ、160床の施設を24億7960万円投資して整備したのは何故か。何故中村はこれほどまでに事業に執念を燃やすのか。それは「溜め込み型」「無挑戦型」の社会福祉法人が許せないからだ。砕氷船としての役割を果たすことが中村の仕事だとの思いが、意欲となっている。だから先駆的事業に取り組むのだ。事業は利のために行うものだが、社会福祉法人は社会の公器であり、中村は、健祥会は、利で動いているのではない。施設をひとつつくれば、心身ともに苦労が増える。しかし、中村がやらねば、誰が大阪で警鐘乱打するんだとの思いで、住之江区にモデル施設をつくる。非課税法人として地域の皆さんに対しては財務内容を開示し、見せる化を図っていく。人生は挑戦だ。そして、この施設は中村のものではない。ここにいるみんなの財産だ。職員の努力でつくる職員の財産だ。エンリケを大切につくりあげて次の人々へバトンタッチしていくために頑張ってほしい。
平成二十五年度訓に掲げた「生きる嬉しさ」とは、入所者の方々へプレゼントするものであるし、また、職業としての喜びを自らつくることでもある。5Kと言われている職業だが、分相応の給与で応えるためにも、評価の方法を確立せねばと思っている。専門性を高めることはもちろん、礼儀と感謝をつくってほしい。野球でもなんでも、強いところは礼儀と感謝ができている。声も大きい。健祥会も水明荘の評価が高かったから、次々施設を増やしてこられた。礼儀と感謝の具現化の結果だ。健祥会の施設の経営方針は「礼儀と感謝」、そしてそのうえに科学的介護をどうつくっていくかだ。5つのゼロと4つの自立支援。まず何に特化して頑張るか、施設長は哲学を持たねばならない。そして現場力だ。現場にこそ問題提起がある。現場をみない施設長は施設長に非ず。現場の風が制度を変える。現場力で、現場発信で制度をつくるのだ。
徳島では毎年4000人、人口が減っている。大阪も閉塞感にあふれている。これからはアジアだ。健祥会は5年後アジアの人材が2割を占めているだろう。2014年6月からは、ベトナムの人材がやってくる。日本、インドネシア、フィリピン、ベトナム、それぞれの民族のもつ良さをどう融合して介護をつくるか、生きる嬉しさをつくるか。2006年に小泉首相とフィリピン・アロヨ大統領の間で経済連携協定が結ばれる際、ぜひ人の異動を盛り込んでほしいと小泉首相にもちかけたのは私、だからやる、これが信念だ。人口減少、労働力減少の日本、国境の壁を低くして、あらゆる職種で開国せねば立ち行かない。TPPによって日本の構造改革を成し遂げるべきときだ。
そして、アジアも「老いるアジア」である。今日本で求められている介護職は、アジア各国でも求められる。JICAの青年海外協力隊はかつては井戸を堀り、道の舗装を担ったが、今欲しいのは理学療法士、作業療法士だという。タイでは後10年で65歳以上高齢者が20%を超える。上海でも高齢者が2000万人を超えた。とにかく、介護はグローバルな職業になり、どこの国からも求められるようになる。
これからはよみかきそろばんに加え、英語力が必須だ。韓国では早いところは小学校1年から、通常小学校3年生から必修だそうだ。日本の英語教育は、文法英語、翻訳英語。これをやめて実用英語を教えねばならない。45歳以下の皆さんは英語NOでは恥ずかしい。心して英語力を養ってほしい。英語は必ず身を助ける。

皆さんは時代の求める職業を選んだのだ。エンリケでしっかり基礎力を身に付けて、そしてアジアへ旅発とう。エンリケのめざす港は、ヤンゴンか、ハノイか、ホーチミンか・・・この中から、アジアに施設や学校をつくろうという人材が出てくることに期待する。夢を持つことは大切だ。夢に向かって頑張れ。人に負けない自分の長所をつくれ。みんなのつくるエンリケはみんなの財産、しっかりと価値を高めていってほしい。

[記事公開日]2013/02/25(月)

過去の記事へ