お問い合わせ

夢は大きく、頑張りは一つずつ
第16回健祥会カップバレーボール大会


ラグビーW杯の感動と興奮が冷めやらぬ中、健祥会カップバレーボール大会が開催されました。この大会は健祥会グループの社会貢献事業のひとつとして、子どもたちの健全育成の一助になることを願って開催しているもので、今年16回を数えます。

秋晴れの11月3日、文化の日。健祥会パートナーに集った参加24チームは、3ゾーンに分かれて熱戦を繰り広げました。パートナーの床は衝撃をやわらげる効果の高い無垢の桜材。子どもたちの思う存分のプレイを支えます。

どのチームも、仲間や保護者の方々の声援を受けながらフェアプレイで競い合い、パートナーには勝っても負けても頑張った清々しさがあふれました。
私たちがスポーツに魅せられるのは、そこにアスリートたちの紡ぐすばらしいドラマがあるからです。ドラマには、必ず「夢」があり、「あきらめない心」があり、「努力」があります。スポーツは夢を持つこと、夢に向かって努力することの大切さを、私たちに教えてくれています。

参加くださった皆さん!大好きなバレーボールを通して、心に夢を描き、夢に向かって一つひとつ努力を重ね、それぞれのドラマを紡いでいってください。
大会運営にご協力いただいた徳島市指導者会の皆様、24チームの選手・監督・保護者の皆様、ありがとうございました。また来年も、元気に参加してくださることを楽しみにしています。

結果

[記事公開日]2019/11/05(火)
[最終更新日]2019/11/06(水)

過去の記事へ