お問い合わせ

日本人再生は、三・四・五歳児教育から
「とくしま健祥会保育園」起工式

起工式01
起工式02

起工式03すがすがしい秋空のもと、福山守徳島県議会議員、宮内春雄徳島市議会議員をはじめ、地元八万町の町内会、婦人会や地権者の皆様にご参列いただき、徳島市八万町新貝で「とくしま健祥会保育園」の起工式が行われました。


起工式04「舞踏会 健祥会のうた」「二宮金次郎」「仰げば尊し」「ふるさと」の独唱で幕を開け、工事の無事を祈って神事が執り行われました。式典後挨拶に立った中村博彦健祥会グループ理事長は、「中村博彦の福祉の原点は保育園だった。30年前、育英保育園をつくったときには、幼稚園と保育園には大きな教育格差があった。保育園は幼稚園より下位にあるという古いカタチを打破しようと、躾も就学前教育もしっかり行ってきた。30周年をへて、さらなる20年への第一歩として、徳島市の中心、八万町で新たな挑戦をさせていただくことになった。機会を与えてくださった原徳島市長、徳島県議会、徳島市議会の皆様、快く迎え入れてくださった地域の皆様に、感謝の気持ちでいっぱいだ。


とくしま健祥会保育園では、二宮金次郎に習い、礼儀と感謝を教える。グローバル時代に不可欠の英語力と日本の子どもたちが弱くなってきている理数力の素地をつくる。保育園の枠を超えたサービスを構築し、いずれそれが幼児教育のスタンダードとなっていくような、そんな保育園をめざしていく。これだけの設備投資は採算度外視だ。『日本人再生は、三・四・五歳児教育から』という思いで、他事業の収益を支えに、社会福祉法人としての公益性をしっかりと発揮していく」と3・4・5歳児教育への思いを語りました。


「とくしま健祥会保育園」は健祥会グループ4園めの保育園。1500坪の広大な敷地に里山をつくり、自然豊かな環境の中、日本人再生を期して、すばらしい3・4・5歳児教育を実践してまいります。平成24年4月1日開園予定です。


【施設整備概要】 とくしま健祥会保育園 (PDFファイル 368KB)

起工式05

[記事公開日]2011/09/25(日)

過去の記事へ