お問い合わせ

水明荘チーム
2年連続全国制覇! 第17回全国社会人ゲートボール大会

DSC00216

各都道府県大会を勝ち抜いてきたさまざまな職種の社会人チームが一堂に会し、第17回全国社会人ゲートボール大会が熊本市の熊本県民総合運動公園 パークドーム熊本で開催されました。
健祥会からは徳島県代表として「水明荘チーム」「健祥会トゥモローチーム」「緑風会チーム」の3チームが出場しました。

昨年の第16回大会に続く2連覇をめざして臨んだ「水明荘チーム」は、1日目のリーグ戦、2日目のトーナメント戦を順調に勝ち進み、決勝戦では京セ ラ(鹿児島県代表)と対戦。5巡目の通過タッチから第4コーナーの相手ボールを一掃してからは一方的な試合運びとなり、13対7のスコアで見事優勝を勝ち 取りました。水明荘チームとしては2連覇、通算3回目、健祥会グループとしては5連覇、通算9回目の優勝です。
優勝インタビューでチーム主将 中西広大(デイセンター上総介勤 務)は、「昨年の優勝から1年間、個人練習と週2回のチーム練習を精力的にこなしながら様々な大会に出場し、力をつけてきました。社会人チームなのでまず は仕事第一ですが、それ以外の時間でやれることは目いっぱいやってきました。2連覇に向けてプレッシャーはありましたが、まさに練習とチームワークの勝利 だと思います」と語っています。
「健祥会トゥモロー」は決勝トーナメント2回戦で惜敗、第14回15回の覇者である緑風会チームは残念ながら予選敗退でした。
決勝トーナメント戦4試合は日本ゲートボール連合によりUstreamでライブ配信され、多くの方がご覧下さったようです。応援くださった皆様、大会運営関係者の皆様に御礼申し上げます。ありがとうございました。

ゲートボールは三世代が集い、ともに楽しむことのできるスポーツです。三世代交流と健康づくり・介護予防をめざして、健祥会はこれからもゲートボールの魅力を発信し続けてまいります。

[記事公開日]2015/09/30(水)

過去の記事へ