お問い合わせ

離れていても心はひとつ!
奏でた、踊った、笑顔弾けた!「リモート阿波踊り」

健祥会グループ連として1991年から踊り続けてきた阿波踊り。戦後初の中止となった今年ですが、KIRARI WOMANネットワークが企画し、いつものように8月12日にリモートで踊りました。
徳島市国府町の健祥会トゥモローホールと20施設をweb会議ツールで繋ぎ、ホールでは健祥会グループ連の職員たちがぞめきのリズムを奏でます。それにあわせて施設では、利用者様、園児、そして職員、総勢210名が踊りました。初めて利用者様も参加し、一緒に踊ることができたのは、リモートだからこそ。踊る阿呆の威勢のいい様子を、香川、高知、大阪、京都、東京まで、グループ全66施設に配信。コロナを乗り越え、どうか来年は開催できますようにとの願いを込めて、笑顔とともに踊り子のメッセージも届けました。
春以来、テレビ会議の運営に慣れてはきていたものの、多くの会場と繋ぎ、音楽を奏でて一斉に踊るという試みには不安もいっぱい。上手く繋がるか、踊りが揃うかなどハラハラしましたが、アクシデントもなく、すべての会場が繋がり、すべての参加者が楽しんで踊ることができ、大成功でした。
参加くださった皆様、ありがとうございました。

この様子はいつでもHP上でご覧いただけます。
※バナークリックで動画公開ページ(https://www.kenshokai.group/special/kirari/awaodori/)に移動します。


県内外施設つなぎ「リモート乱舞」| 徳島新聞

[記事公開日]2020/08/19(水)

過去の記事へ