お問い合わせ

第1回徳島県幼児教育功労表彰優秀賞を受賞
とくしま健祥会認定こども園


徳島県が創設した徳島県幼児教育功労表彰制度において、とくしま健祥会認定こども園が第1回の優秀賞を受賞しました。
この賞は、地方創生の未来の担い手を育む特色ある幼児教育の推進を目的に、健やかな発達のためのオリジナルな教育に取り組む団体を顕彰するもの。とくしま健祥会認定こども園は、ソフト・ハード両面において、独自性のある取り組みを実践しているとして選ばれました。
特に「園内に茶室を設け、園長の指導のもと、日常のプログラムの中に茶道を盛り込み、定期的な茶会も実施、『茶道』を通して日本の伝統文化に触れ親しむ教育を行っていること。アート教室などの文化教育を熱心に実践し、子どもの創造性や社会性、生きる力の育成に貢献していること」が大きく評価いただいての受賞です。

40数年の歴史を持つ健祥会グループの幼児教育。認定こども園4園は保育園としてのスタート時から、「幼稚園に負けない教育・保育」を掲げ、徳育・体育・知育、礼儀と感謝を大切にする教育を実践してきました。特にとくしま健祥会認定こども園は、グループ創始者中村博彦が教育・保育の実践の集大成として心血を注いで構想したもの。いのちの息づく里山、のびのびと走り回れる広い園庭、整った設備の園舎で、二宮金次郎の「孝・勤勉・学問」の心と礼儀と感謝を大切に、受賞理由としてあげていただいた茶室での茶道教室、徳島県立近代美術館と連携してのアート教室、さらに英語・体操・サイエンスなどの特別教室を提供し、ハードにも教育内容にも高い評価をいただいています。
8月24日、徳島県庁で行われた授与式に、グループ常務理事 中村晃子、とくしま健祥会認定こども園園長 田中育美が出席。飯泉嘉門徳島県知事より、心のこもった表彰状をいただきました。開園10周年の節目に、すばらしい賞をいただき、励みになります。本当にありがとうございました。


[記事公開日]2022/08/26(金)

過去の記事へ