お問い合わせ

「通い」「泊まり」「訪問」の3サービスの小規模多機能ホーム
「健祥会テルダム」小松島にオープン

小松島市初となる小規模多機能ホーム「健祥会テルダム」がケアハウス「健祥会アムス」に併設してオープンしました。

小規模多機能ホームは住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、利用者様の状態や必要に応じて、「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3サービスを組み合わせ、日常生活のお世話や機能訓練などをご利用いただけるサービスです。
本来ならば、地域の皆様にお越しいただき、落成式を盛大に開催するところですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、利用者様とともに、こじんまりと開所のセレモニーを行いました。

業務執行理事 中村晃子挨拶

1980年、麻植郡川島町(今の吉野川市川島町)に、特別養護老人ホーム水明荘を開所してスタートした健祥会グループは、今年創設40周年を迎えます。当時10人に一人だった65歳以上の高齢者は、今、3人に一人、超高齢社会となり、40年の間に私どもの施設は、徳島から香川、高知、大阪、京都、東京へとずいぶん増えました。そして、ここ、小松島のケアハウス「健祥会アムス」は来年開所20周年を迎えます。

20周年の節目を目の前にして、ケアハウス「健祥会アムス」と併設のデイセンター「チューリップ」は地域の皆様のニーズやご期待にお応えできているか、安心の暮らしをお支えできているか、改めて考えました。そして、小松島市にたくさんあるデイサービスよりも、365日24時間の安心をお届けする小規模多機能ホームを新たな選択肢としてお届けしようと、転換を図ったのです。
小松島市では初の小規模多機能ホームですが、健祥会グループには阿南市に2つの施設があり、ノウハウも蓄積されていますので、安心してご利用ください。

アムスとテルダムでアムステルダムです。アムステルダムはオランダの首都、かつて世界貿易の中心として栄えた港町。栄枯盛衰の末、構造改革によりオランダの奇跡として再生を果たしました。小松島もそうあって欲しいとの願いを込めて、グループの創始者中村博彦が命名したものです。アムスとテルダムが連携を図り、よりパワーアップして、安心して選んでいただけるサービスづくりに努め、ゆたかでおだやかな日々を精一杯お手伝いしたいと思います。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。


在宅の皆様とご家族に365日24時間の安心をお届けする「健祥会テルダム」。詳しい内容やご利用について、何でもお気軽にお問い合わせください。

[記事公開日]2020/04/01(水)
[最終更新日]2020/04/03(金)

過去の記事へ