お問い合わせ

教育・保育フェスタ盛大に開催!

子を持つ親、孫を持つ おじいちゃん・おばあちゃん、必聴!

第2回健祥会グループ 教 育・保育フェスタ

~徳島の公教育再生をめざして~

「人間力劣化」「学力低迷」「家族力崩壊」・・・「モンスターペアレント」が 学校教育を崩壊させた!

地域と教育現場が危機感を共有し、徳島の今をつくる「公教育再生」と「幼児教育の強化」を!

日 時:平成20年3月23日(日)
場 所:健祥会パートナー(徳島市国府町)

あいにくの雨にもかかわらず、教育保育関係者はじめ、子や孫を持つ地域の方々、学生、様々な年齢層の方が健祥会パートナーにご参集くださいました。2時間半にわたる講演を傾聴し、あらためて、幼児期教育の大切さを心に刻みました。


■講演Ⅰ「子どもたちに伝えたいこと」~論語を通して心を磨く~  講師 溝本定子氏

論語は、そのシンプルさわかりやすさゆえに、2500年の間、ずっと多くのひとに愛されてきた。幼い頃に声に出して読み親しむことで、いつか迷ったとき、壁にあたったとき、心に刻んだ一節が蘇り、自分で道を選び取るためのエネルギーのもとになると信じている。勉強では身に付かない大切なものに、小さい時にぜひ出会ってほしい。


■講演Ⅱ「就学前保育に今、求められること」~子育ち・子育てにやさしい社会を創るために~  講師 増田まゆみ氏

今、就学前教育の大切さが見直され、子育てを社会で支援しようという機運が高まっている。子育て支援とは、子育てを肩代わりすることではない。子育てという価値ある営みの意義や喜びを共有し、互いに育ち合うことだ。子どもが自ら育つのを受け止めつつ、育てるものも育つことだ。地域をあげて子育て力を高め、次世代へと伝えたい。

[記事公開日]2008/03/23(日)

過去の記事へ