お問い合わせ

「スラマッ ダタンッ」
~ようこそ~ インドネシア人介護福祉士候補生、健祥会・緑風会の施設へ


水明荘の玄関の前で、入所者・利用者様、職員が出迎え。大勢の報道陣に、期待や注目度の高さを感じました。

インドネシア人介護福祉士候補生が、6ヶ月間の研修を終えて、吉野川市の水明荘と、牟岐町の緑風荘にやってきました。入所者・利用者様、職員の出迎えを受け、緊張の表情もすぐに笑顔に。「不安はあるけれ ど、お年寄りのお世話が好きなので、しっかり頑張りたい」と抱負を語ってくれました。地域の皆様も町で見かけたら、親しく声をかけてあげてくださいね。


入所者様から歓迎の花束。「スラマッダタンッ」の言葉に、上手になった日本語で「ありがとうございます」

「心と笑顔でお世話したい」

翌29日には、水明荘、緑風荘でそれぞれ辞令交付式が執り行われ、みんなに介護服が手渡されました。

辞令のあと、介護服を受け取り、いよいよ仕事の始まりです。 さっそく介護服に着替え、笑顔で入所者の皆様と。緑風荘にて。

[記事公開日]2009/01/28(水)

過去の記事へ