お問い合わせ

利用者様へ、職員へ
今年の介護の日は動画配信で


「11月11日」は「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」の介護の日。介護を他人事ではなく身近なものとして捉え、「国民誰もが介護について理解・協力する日」として、2008年に定められました。以来、国民みんながそれぞれの立場で考え関わることのできる社会をめざして取り組みがすすみ、介護への理解と地域社会における支え合いの輪が広がっています。
健祥会グループでも毎年、各施設が趣向を凝らして、利用者様やご家族、地域の皆様とともにさまざまな取り組みを実践してきましたが、今年はコロナ対策として動画配信により開催しました。
動画の内容は、専門学校健祥会学園・理学療法学科監修による職員のための腰痛予防の講座と体操。そして利用者様向けには、グループ内認定こども園の園児たちの歌やお遊戯が、11日から15日まで5日間に渡って配信されました。
利用者様はかわいい園児たちの様子に笑顔になりながら、いっしょに歌ったり、身振り手振りで新しい試みを楽しんでくださいました。職員にも、理学療法士の丁寧な指導が好評。学園とこども園の協力で、グループならではの「介護の日」が実現しました。
各施設から届いた笑顔の写真をご覧ください。

[記事公開日]2020/11/24(火)

過去の記事へ