お問い合わせ

健祥会家康

所在地 〒779-3610 徳島県美馬市脇町脇町966
電話番号 0883-53-7778
FAX番号 0883-53-7720
メールアドレス ieyasu@kenshokai.group
開所 2002/4/1
運営法人 社会福祉法人健祥会

目次

お知らせ

33名の仲間が元気に着任! 平成30年度インドネシア人・フィリピン人 介護…

2018年12月12日( 水)

読む
フラダンス盛んな拍手|徳島新聞

2017年8月9日( 水)

読む
暮らしの悩み 連携対処 | 徳島新聞

2017年7月31日( 月)

読む
「健祥会家康開所15周年」 ありがとう!これからも! バルーンに感謝と決意…

2017年7月15日( 土)

読む
震災負傷者の対応確認 美馬 医療従事者ら防災訓練 │ 徳島新聞

2017年2月6日( 月)

読む
美馬市の2施設が 「小さな親切」実行章受章!

2016年11月16日( 水)

読む
「健祥会家康」に関する記事

サービス

健祥会家康が提供するサービス

特別養護老人ホーム

入浴・排泄・食事などの日常生活のお世話
機能訓練や健康管理などの療養上のお世話

利用条件 原則として要介護3以上の方
定員 40名
サービス概要
短期入所生活介護

身体介護・生活介護の提供

利用条件 要支援1以上の方
定員 20名
サービス概要

お問い合わせ・資料請求

どのような内容でもお気軽にお問い合わせください。

お電話の場合

お掛け間違いにはご注意ください。

0883-53-7778

フォームの場合

必要事項をご記入の上、送信ください。

お問い合わせ・資料請求

特色

口腔ケアで生活の質の向上と感染症予防 業としての専門性を
高めます

平成24年4月から、一定の研修を受講した介護職員であれば、たんの吸引等の医行為が実施できるようになりました。健祥会家康でも、看護師の指導のもと、医行為の実施ができるように実地研修をおこなっています。介護職員としての専門性を高めることに力を注いでいます。

科学的介護に挑戦します
科学的介護に挑戦します

胃瘻を造設している方も、ポータブルトイレに移乗し、排泄介助を行うことで、日常の生活リズムの維持に努めています。平成25年度も科学的介護の要である「おむつゼロ」を中心に施設一丸となって頑張ります。

コミュニケーションの輪を広げます
コミュニケーションの輪を広げます

〜見せる化と地域貢献〜
家族様を交えてのカンファレンスを実施。施設の取り組みや方針を理解していただき、「見せる化」を推進しています。
施設周辺の清掃活動を、年3回実施。地域貢献にも積極的に取り組んでいます。
地域交流スペースで阿波踊りの練習を実施。地域の方にも参加していただき、交流を図っています。

現場を大切にします
現場を大切にします

プロのメイクアップアーティストの方による「お化粧の日」。入所者様の喜ぶ顔が、私たち職員の元気の源です。

実学を修めます
実学を修めます

現場での業務だけではなく、研修により知識の習得をめざしています。専門家を招き、恐ろしい感染症に対しての予防方法を学びました。

口腔ケアで生活の質の向上と感染症予防
アジアへの
グローバル戦略を進めます

平成22年1月から健祥会家康で頑張ってきた2名のインドネシア介護福祉士候補者。この度、無事に国家試験に合格することができました。試験が終わっても引き続き日本に残り、母国のインドネシアとの「架け橋」となれるような、グローバル人材をめざします。

行事

年間行事

4月 お花見 施設周辺の桜の名所に出かけます。
5月 端午の節句 行事食・しょうぶ湯等により、季節感を味わっていただきます。
6月 お楽しみ会 職員による演芸等を楽しんでいただきます。
7月 バーベキュー 家族にも参加していただき、炭火でのバーベキューを楽しみます。
七夕 行事食と七夕飾りで七夕を祝います。
8月 納涼祭 花火やスイカ割りを楽しみます。
バイキング 好きな食べ物を選んで楽しく食事をします。
9月 敬老会 ケアハウスうだつと合同敬老会を行います。
10月 秋の遠足 紅葉見物に出かけます。
ミニ運動会 施設・デイ利用者のみなさんとともに運動会で体を動かします。
11月 お寺参り 脇町最明寺の萩見物へ。
焼き芋大会 炭火で焼くからほこほこ、おいしいです。
12月 クリスマス会 サンタさんからプレゼントが届きます。
餅つき 餅つきを楽しんだら、いよいよお正月です。
1月 初詣 近くの神社に初詣に。
2月 節分 行事食を楽しみ、豆まきで厄を払います。
3月 ひな祭り おひな様を囲み、みんなで行事食をいただきます。
お花見(梅) 美郷の梅林へ。

地域交流

認知症サポーター養成講座

認知症への理解を深めてもらうための講座を開催しています。

詳細

施設概要

  • 居室は個室、準個室(2~3人)となっています。
  • ユニットケア方式で2フロア4ユニットあり、最新の介護技術でケアします。
  • 防災拠点型地域交流スペースを全国最初に整備し、地域の方々に安心と安全をお届けします。多目的大ホール兼用ハイテク装備の集会室、研修室にもご使用いただけます。
  • 浴室4タイプ(大浴室、個人浴槽、中間浴(車椅子)、特浴)を備えています。
  • 屋上までエレベーターを設置、屋上を最大限利用(見晴らしよく自然を満喫)できます。
  • 屋内ゲートボール場でいつも楽しんでいただけます。
  • 全国初となる防災拠点型地域交流スペースを設け、災害時に地域の方々の安心と安全を確保するとともに、普段は120インチの大型スクリーンとプロジェクターで映画やビデオ鑑賞に利用していただけます。また可動式の舞台もあり、いろいろな催しにも使うことができます。
  • 個室、準個室で最大限プライバシーに配慮し、各室余裕ある面積で身の回りにご本人の必要とする私有物品を配置できるようにしています。
  • 各ユニットに食堂・談話室を配置し、片隅に配膳コーナーを設置し、家庭的な雰囲気での自立支援介護をめざしています。
  • 各居室には、温度調節が可能な自動の洗面手洗い設備を整備しています。
  • 各居室のドアは、吊り戸式にして床面がフラットになるようにし、半自動開閉式ハイブリッドドアを採用、安全性を図っています。
  • 食堂・談話室には、床暖房設備を整え、快適な生活空間となるようにしています。共用トイレには自動ドアを設けて、プライバシーに配慮し、また衛生器具は最新の自動洗浄タイプを使用しています。
  • 車椅子入浴装置の導入や個人浴槽など種々の浴槽を備え、ゆったりとくつろげ、心と体の疲れを癒し、リフレッシュのお手伝いをいたします。

建物概要

敷地面積 2,244.5㎡
建物構造 鉄筋コンクリート造4階建
建築面積 -㎡
延床面積 3,085.06㎡

整備費用

施設設備整備総事業費 8億3千3百万円(概算)
建築工事関係費 -
備品整備費 -

整備財源

補助金 3億6千3百万円(県費(国庫)・市費合計)
自己資金 -

建物内容

4階 居室(個室13室・2人室6室)、食堂・談話室 (2)、地域交流談話室、サービスステーション、男女トイレ(4)、リネン室他
3階 居室(個室7室・2人室6室・3人室1室)、ショート居室(個室3室・2人室1室・3人室1室)、食堂・談話室(2)、寮母室、仮眠室、脱衣室、男女トイレ(7)、リネン室他、大浴室、個別浴室
2階 居室(個室5室・2人室5室・3人室1室)、ショート居室(個室3室・2人室3室・3人室1室)、食堂・談話室(2)、寮母室、看護婦詰所、医務室、静養室、男女トイレ(5)、リネン室他、脱衣室、洗濯室、特殊浴室、中間浴室
1階 玄関、事務室、面会・相談室、地域交流スペース、霊安室、機会設備関係、宿直室、職員関係室(女子、男子更衣室)、家族室、厨房(休憩室、荷捌室、食品庫)、倉庫、男女トイレ他

情報公開

情報公開

採用情報

採用情報は以下のページをご参照ください

採用情報

アクセス