緑風会チロル・モントゼー

令和4年度スタートにあたり

今年も緑風会チロルの桜が満開に咲きました。爽やかな風により花びらは成瀬川に舞い降り、川面は桜色に染まります。新たな季節の幕が開き、新緑、若鮎、紅葉、柚子の実り、真白な雪 移ろいゆく季節を楽しみに待ちながらも、入所者は大切なご家族と一緒に過ごせる日を待ち焦がれています。

コロナ禍の中、地域の神社に初詣に行けない入所者の為に職員が神社を造りました。2021年の元旦は「チロル大社」と名付けたその神社に初詣をしていただきました。お正月が過ぎても手を合わせる入居者の方がいらっしゃいました。「チロル大社」がその方の心の拠り所になっていたのです。夏まつりでは、奉納太鼓を鳴らし、阿波踊りを踊り、感謝の日には絵馬を奉納しました。2022年の元旦も「チロル大社」に参拝しました。

人は誰でも心の拠り所が必要であり、何を拠り所にするのかは人により異なります。緑風会チロル・ケアハウスモントゼーで暮らす入所者・入居者の方にも心の拠り所が必要であり、それを見つけるお手伝いをパートナーをはじめ職員全員で取り組む令和4年度にしたいと思っています。

そして、職員の令和4年のテーマは「整える」としました。                        心を整え 想いを整え 自分自身を整えることで                             入所者の健康を整え 入居者の生活環境を整え 利用者へのサービスを整える                職環境を整えることは 相手を想う心を整えることにもつながります。

心を整え 入所者・入居者の大切なものを私たち職員も大切にいたします。

ご家族の想い、地域の皆様の期待にお応えする令和4年度とすることを誓い、新たな春のスタートのご挨拶とさせていただきます。

 

令和4年4月

                緑風会チロル・ケアハウスモントゼー

       施設長 野間美恵

 

 

 

クリックで応援→ いいね 10
読み込み中...