健祥会アンダルシア

春が来た 日々新たなり

『温暖な地に吹く 暖かい風が すべての人の 心の風となるように』

 

これは健祥会アンダルシアの施設理念です。

創始者 中村博彦先生が スペインのアンダルシア地方を海外視察された際の 風土 雰囲気が よく似ている、そうあってほしいとの希望もあり阿南市にアンダルシアを開設されたとお聞きしています。

当施設はケアハウスをはじめ7事業所を包括しており、20余年を経ています。

あらゆる事業所を抱えており、切れ目のないサービス提供体制を整えています。

利用者様 入居者様 そして地域社会の方々から

アンダルシアが、地域社会にあってよかった。

入居者様からは、アンダルシアでずっと生活していきたい。

地域の方々からは、アンダルシアをいつかは利用してみたい。

そんなお声も聞きくなかで冒頭の施設理念が完遂できるようにそれぞれの職員が、一人の一歩でなく全体の一歩となるように連帯して令和4年度も日々新たに取り組んで参りたいと考えております。

令和4年4月7日

健祥会アンダルシア 施設長 米沢 敏信

クリックで応援→ いいね 14
読み込み中...