とくしま健祥会認定こども園

夏の思い出

残暑の中、ふと振り返ると楽しい夏の出来事!!
プール遊び、シャボン玉遊び、椋の木まつりと楽しいイベントがいっぱいあった今年の夏。

子どもたちの「楽しかった!」「またしたい!」と満面の笑顔が輝いた今年の夏の活動を紹介します。

 

~プール遊び~

安全を祈願しつプール開き!!子どもたちは思い切り水の感触を楽しみながらプール遊びや水遊びを友達や保育者と一緒に思う存分満喫!!

みんなで並んでバタ足!!大きな水しぶきに歓声を上げる子どもたち。          「う~ん、最高!!」たちまちはじける笑顔が広がった。

 

夏の風物詩!!スイカ割りにも挑戦!大きな棒を振りあげ「エイ!!」「よっお見事!!」

手作りのペットボトルいかだでプッカプッカ!! 「きーもちいいなあ」

色水、石けん、様々な廃材を使って何かの実験が始まった。色の変化や物の変化に興味津々。広がる染まる遊びの世界!!

昔ながらの竹で作った水鉄砲!!最初はなかなかうまく使えなかったけど、毎日挑戦しているとほらこんなに上手に「ピュー」!!  

魚すくいに挑戦!同じ魚をねらってそーっとそーっと、さあーゲットするのは……

透明の水が色水に変わりいつのまにかコーヒー色に展展コップですくって「どうぞ」と差し出す二人。 この屈託のない笑顔(*´▽`*)

手作りじょうろ、玩具や水風船。水に浮かべたり、すくったり水の冷たさが心地よくバシャバシャ感触を楽しむ乳児クラスの子どもたち。

 

~シャボン玉遊び~

NPO法人教育倫理プラザの方と一緒にシャボン玉遊び!!「しゃーぼんだーま とーんだ♪」とシャボン玉の歌について話をしてくれたり、色々な道具を使ってシャボン玉を飛ばすショーを見せてくれたり、子どもたちの関心はみるみる膨らんだ。シャボン玉の歌が流れる中可愛らしい声に乗せて、自分の好きな道具を使ってシャボン玉体験をさせてもらいました!

「うわっおっきい、ながい、ながいーーー」「虹色に見えるよー」

様々な道具を手に取り、試す中で違いを感じ取り、大きく膨らませる方法に気づいたり……。学び、染まる時間に感謝!!

~椋の木まつり~ テーマ「自然」海・山

コロナ禍での開催!!安心・安全を第一に考え、あらゆる感染対策を行い分散型での椋の木まつり!!

たから釣りコーナー「うわあーーかにさん、何がはいっとうかな?」

保護者一名での参加であったが、親子で様々なコーナーを回っていくうちにたくさんの笑顔広がる空間がつながっていった。

「どんな模様のうちわを作ろうかな?」「指スタンプにしようかなー」

「ぐるぐるぐる」「なんかねばねばしとう」「お父さんコップ持っとってね」とスライム作りに挑戦!!

「なんと、めずらしいちんあなご」丸い穴から顔が見えると「キュッ」とタッチ!!

スタンプラリーのカードをひらいて「シールください」いっぱい集めてキラキラシールをぺたん!!

「うあーだいすきなしんかんせん!!」くじびきで見事ゲット。「ぼく、きいろがいい」

いっぱい浮かんだヨーヨー!!「何色のヨーヨーがいいかなあ」「ピンクにする」とヨーヨーつりに夢中!!

昨年に続いてコロナ禍での開催となり、様々な制限等もありましたが保護者の方にご理解、ご協力をいただき子どもたちがワクワクするような体験をみんなで共有できたことに感謝です。そして子供たちの笑顔が広がる一瞬一瞬に喜びを感じました。

クリックで応援→ いいね 11
読み込み中...